30代サラリーマンの高配当と優待株ブログ

配当は再投資、優待はご褒美!2020年9月から株式投資の記録をつけて、2032年に資産1億円を目指します。(多分)

下落相場で売るっておかしくない?

どうも、たっつんです!

私事ですが今日からしばらく出張です。住み慣れた家と家族の元を離れて頑張ります。

本音を言うと、標準報酬月額が上がるので3~5月は残業をしたくないのですが雇われの身である以上仕方ない。早くFIREするなり独立するなりしたいものですね。

そういう意味では出張も投資資金の捻出のためと割り切って善処したいと思います。

 

さて、連日株価の乱高下が続いています。

昨夜もダウが大幅に下がったことで今日は日本株も売り込まれました。特に寄りは大きく売られましたが、その後は保有に関してはかなり戻ってきました。

ネット上では追証という文字をチラホラ見かけるようになりました。日経平均株価は年初から-3000円程度となり10%ほど下がっています。個人的には10%下がった程度で追証となるのは大きくリスクをとりすぎているように思います。

もちろん、あくまで指数の話なので個別株ではパフォーマンスはそれぞれ変わってきます。それにしても、今追証が出ているポジションならば限りなく集中投資をしていたと思われます。

 

私個人の保有資産は年初からややプラスとなっていました。(少しマイナスだろうと勝手に思っていました…)今年はほとんど売買をしておらず、あらゆるセクターのあらゆる銘柄に広く分散しています。中でも財務状況がいい銘柄、ROEなどを基準に上手に稼いでいる会社の株を保有していることが多いです。

ともかく、年初来のパフォーマンスさえあやふやな程度に株式投資のことが頭から抜けています。ただ、相場のチェックはやっていますし、気になる銘柄については株価を追っています。経済ニュースもざっとチェックはしています。今年からしばらくは株価が低迷するであろうということも重々承知しています。

だけどそれを気にしても仕方ないと思うのです。長期金利の上昇やリセッションなど、株価の下落は止められそうにないです。それを一個人が毎日気にしても止められるわけがないし、仕方のないことです。

「今日上がったから買おう、下がったから逃げよう」と機動的に売買するくらいなら「黙ってじっと持っておこう」という投資スタイルを貫いています。その結果が、日経平均は-10%している中、年初来でややプラスなので正解だったかもしれません。(たまたまでしょうが)

そもそも、株価が下落した局面で株を売るっておかしいわけです。下がった時こそ買うべきなのに…。

ちなみに年初に保有していた余力の現金は株式に変わっています。もちろん底で拾えたわけではないでしょうが、自分の中で合理的だと判断して買ったので結果から何らかの学びは得られるでしょう。

 

6月は3月権利の配当も振り込まれてくるので、再投資に回したいと思います。運よく出張で投資資金も捻出できる可能性もありますし。

ということで、出張中も倹約&節約に励みつつ、体に気をつけて過ごしたいと思います。

タスキ(2987)が立会外分売を発表!

どうも、たっつんです!

ウォッチしているタスキ(2987)が業績の上方修正と立会外分売を発表しました。

どんな企業?

東京23区を対象にIoTに優れる投資用賃貸マンションを企画、開発している企業になります。東京23区の駅近に特化しており不況下においても空室や家賃下落のリスクが低いメリットがあります。特徴として、純金融資産1~5億円以上の富裕層をターゲットとしており、相続対策にフォーカスした商品設計とコンサルティングを実施しています。

直近の業績

今回の2QではYonYで売上、営利、経利ともに+50%と業績は絶好調です。

通期の業績も2桁以上の増益予想となっています。

 

立会外分売で株価下落も、買いのチャンス?

現在、東証グロースに上場している同社ですが、プライム市場への市場変更を目指しています。今回、2Q決算と同時に発表した立会外分売では株式の分布状況の改善と流動性の向上を図ることを目的としているとのことです。

立会外分売により一時的に株価は下がるかもしれませんが、後に企業の成長とプライム市場への変更が起爆剤となり株価が上昇する可能性もあると思います。

配当による株主還元を重視している企業なので、高配当&成長性の両方に期待!?

同社は配当性向35%を使命と掲げた企業です。もちろん今後の事業の行方に左右されることもあるとは思いますが、株主還元を重視している企業だと感じます。今の高成長が続くようであれば更なる増配にも期待できそうです。

ズバリ、いつ買うか!

ということで、タイミングを見て買いたい銘柄の一つとしてウォッチしているわけですが、ズバリ「立会外分売で株価が下落し、株価の上下が落ち着いた頃」に買ってみようかと考えています。

現在の市況は積極的に株を買いに行きたい地合いではないですが、下落の底を見極めるのは難しいです。業績が良く配当利回りが高い企業は株価が下支えさらることもありますので、コツコツ買って資産を積み上げていきたいと思います。

三井住友ゴールドカード(NL)を諦めました。【デメリット】

どうも、たっつんです!

クレカ界隈で話題沸騰中の三井住友ゴールドカード。今、ツイッター上では「100万円達成への修行!」というキャッチフレーズで呟かれています。

このビッグウェーブに乗るしかない!ということで私も早速利用してみようかと重い腰を上げてみましたが、色々と考えた結果やっぱり三井住友ゴールドを利用しないという選択に至りました。

今後、三井住友ゴールドカードの利用を検討している人にとって一つの意見にでもなれば幸いです。

三井住友ゴールドカード1分解説

サクッとカードの紹介をしましょう。クレカ界隈で特に重視されるのはポイント還元率になりますので、ポイントに焦点を当てると以下の通りです。

ポイント還元率
  • 通常のポイント還元率は0.5%
  • 大手コンビニ3社とマクドナルドはVISAのタッチ決済でポイント還元率5%!
  • 大手コンビニとマクドナルド限定で、更に家族カード利用で家族一人に付き+1%(最大+5%)
  • 任意のお店3店舗でポイント還元率を+0.5%(3店舗まで登録できる)
その他の特徴
  • 年会費は5500円だが、年間100万円以上のカード利用で年会費無料
  • 年間100万円利用で1万ポイントを還元

他にも保険や空港ラウンジサービスなどがありますが、カードを利用するか否かの争点は上記の内容となるでしょう。

100万円達成への修行?

さて、三井住友ゴールドカードを利用する上で「100万円修行」が話題になるのはズバリ年会費と1万ポイント還元の存在がある故でしょう。クレカ界隈では「いかに安い年会費で、いかにポイント還元率を高く保てるか」が鍵となります。

今や楽天カードやペイペイカードなど、利便性が高いクレジットカードの年会費は無料が常識の世界です。その点、三井住友ゴールドカードは年会費が5500円と高額な部類になります。

ただし年会費が高い分、高いステータス性や特徴を備えています。更に通常のポイント還元率こそ0.5%ですが、年間100万円の利用を達成し1万ポイントが還元されれば還元率1.5%かつ年会費無料のカードになり得るのです。

そのため、ユーザーは100万円達成を目指すというわけですね。

利用シミュレーション

年間100万円を使うには月に8.4万円利用すれば達成可能です。家賃、光熱費、通信費用、交通費、食費、習い事…など、日常的にカードで決済すれば十分に達成可能な範囲のように思います。

また、コンビニやマクドナルドを利用する機会が多い人は5%もの高還元を受けることができるのも嬉しいメリットです。よく利用するスーパーなどを登録して、通常の還元率を1%に上げることもできるでしょう。

それでも私が使わなかった理由

楽天カードで十分

確かにメリットや嬉しい特典は多いのですが、私は既存のカードで十分だという理由から利用に至りませんでした。

前提として、私のメインカードは年会費無料の楽天カードです。楽天カードは通常ポイントが1%となります。楽天ペイを介すれば1.5%の還元になりますね。楽天ペイはコード決済サービスの中で利用できる店舗が最も多く、今や使えない店が少ないとまで感じます。

確かに、三井住友ゴールドカードはコンビニでの利用が5%となるのは嬉しい特典ですが、今の暮らしの中でコンビニやマクドナルドでたくさん買い物をするわけでもありません。

コンビニ→QUOカード株主優待)や期間限定の楽天ポイント

マクドナルド→株主優待

このような代替手段で買い物をしているのが現状です。

そもそも、割高であるコンビニでたくさんお買い物をする人はポイント還元率に拘らない人が多そう…。

サービス改悪も怖い

また、カードのサービス改悪の可能性もあります。

例えば楽天経済圏においても楽天ポイントの改悪は立て続けに行われています。その他のサービスでは、Yahooジャパンカード(ペイペイカード)ではTポイントが貯まらなくなったという改悪もありましたし、「kyash」では大幅なポイント還元率の改悪も行われました。

ポイント還元は顧客の囲い込みの手段であるという方が妥当でしょうから、三井住友ゴールドカードも還元率などの改悪が今後全くないとは言い切れないでしょう。

仮に改悪があったとして年会費の高いカードを持っておくのは精神衛生上良くないというのが私の率直な気持ちです。

結局は自分のライフスタイル次第

最終的には自分にメリットがあるカードを選ぶのがベストです。私の場合は「もしかしたら今のカードよりお得かも」という程度ではあったのですが、絶対にお得!とは言い切れませんでした。

何より「100万円使わなければ…!」という強迫観念も不要ですし、決済手段にステータスなんか求めていません。巷で人気だったり有名だったりするものも、自分の身の丈にしっかり照らし合わせることが大事だなと思います。

ヤマダホールディングス(9831)の自社株買いを丸裸にする!【株価分析】

どうも、たっつんです!

個人投資家の間で話題となっているヤマダホールディングス(9831)について、私の所感を記事にします。

ヤマダホールディングスの自社株買い内容

2022年3月期の決算で公示された内容は200,000,000株を上限に(株式の取得価額の総額は1,000億円が上限)、自社株を取得すると発表されました。なお、取得期間は2022年5月9日から2023年5月8日の一年間になります。

今回の自社株買いは発行済み株式の約24%にもあたりますので、超大規模の自社株買いになりますね。

株式市場の反応

今回の自社株買いは市場では歓迎されている意見が多いように感じます。PTSでは14.37%もの暴騰を記録しています。

ツイッターの反応

ネット上では自社株買いの条件を鑑みて1株あたり500円程度になるのでは…?という意見が散見されました。

過去の自社株から感じる疑惑?

ヤマダホールディングスは過去にも自社株買いを公示しています。そこで、過去の自社株買いを調べてみました。

2014年の自社株買いと結果

公示内容

取得し得る株式の総数:150,000,000株(上限)

株式の取得価格の総額:500億円(上限)

結果

取得した株式の総数:139,342,600

取得総額:49,999,989,422円(499.99億円

※2014年の自社株買いに関しては公示内容に比べほぼ満額の規模になりました。

2017年の自社株買いと結果

公示内容

取得し得る株式の総数:40,000,000株(上限)

株式の取得価格の総額:200億円(上限)

結果

取得した株式の総数:27,309,700 株

取得総額:15,992,150,684 円(159.92億円)

※2017年の自社株買いに関しては公示内容に比べ取得結果としては8割程度の規模になりました。

2020年の自社株買いと結果

公示内容

取得し得る株式の総数:100,000,000株(上限)

株式の取得価格の総額:500億円(上限)

結果

取得した株式の総数:63,481,200

取得総額:31,953,459,791円(319.53億円

※2020年の自社株買いに関しては公示内容に比べ取得結果としては6割程度の規模になりました。また、東京証券取引所の自己株式立会外買付取引(ToSTNeT-3)による買付でもあったので、市場から全て買い付けたわけではありません。(≒株価上昇に寄与しにくい)

 

過去の傾向を見ると今回の自社株買いも公示内容通りには進まない可能性もあると言わざると得ません。

自社株買いの原資は乏しい

連結キャッシュフローを見ると、現金及び現金同等物期末残高は564.7億円となっています。今回公示された自社株買いの取得価格の上限が1000億円なので約半分程度しか手元に現金がありません。

来期の業績予想では純利益が519億円です。事業が予定通りに上手くいき、そこから配当を出して、あらゆる投資活動を行い…残ったお金で自社株買いをすることになるわけです。現実的に1000億円規模の自社株買いは難しいと思われます。

自社株はM&Aの布石?

直近の決算短信にはヒノキヤグループを完全子会社とするために株式交換により3920万株を交付したと明記されています。2020年に取得した自社株はこの株式交換に使われたと思うのが自然でしょう。

自社株買いした株を消却しないのであれば、株式価値が高まるわけではありません。そのため純粋に株価の向上に寄与するかというと疑問符がつきます。自社株買いと消却により株が希薄化され、値上がりを期待することに関しては熟考する必要がありそうです。

ただ、今回発表された自社株買いも次のM&Aのための布石の可能性があります。ヤマダホールディグスは事業が多角化しており、新たな分野にもどんどん挑戦している企業です。

2025年には創業50周年を迎え、売上高2兆円を目指しています。赤字体質でボロボロだった大塚家具を買収しすぐに黒字化したことは記憶に新しいです。その経営手腕を持って今後の躍進に期待したいですね。

最後に:筆者はヤマダファン!

さて、今回の自社株買いはインパクトのある話題でしたが、結果がどうあれ私はヤマダホールディングスを応援し続けます。現在も同社の株を保有していますが、株価が上がろうが下がろうが売却する気は一切ありません。

配当利回りと優待の利便性は高いですし、ここ10年を遡っても増配傾向にあります。3年後の創業50周年では記念配が出ないかにも期待したいですね。そして何より、ヤマダにお買い物に行くのはワクワクします。

一躍話題のヤマダホールディングスですが、週明けの株価も要チェックですね!

オマケ:魅力的なヤマダの優待を楽しんでみた

okuri-man.hatenablog.com

okuri-man.hatenablog.com

okuri-man.hatenablog.com

 

 

2022年5月の貸株収入。チリも積もれば山となる…!

どうも、たっつんです!

4月の貸し株収入は2784円でした!これだけあればゴールデンウィークの散財の足しになりますね!…なるでしょう!…なるといいなぁ…。

現在、私はゴールデンウィークを満喫中です。相場?FOMC?なぁにそれぇ?と言わんばかりです。それくらい株式市場から離れて休暇を満喫しています。投資家失格!

つくづく思ったのですが、私はお金そのものが欲しいわけではなく自由な時間が欲しいのです。今年のゴールデンウィークは10連休でかなりゆっくりした時間を過ごせています。

こういう時じゃないとイマイチ食指が動かない家の掃除に時間が割けてスッキリ。家にあるけどいらないモノっていっぱいありますね…。掃除をすると「不必要なモノ」「買っても捨てる事になるモノ」なんかがはっきりします。家族全員でそれを共有できたら幸いなのですが、小さい子供がいるとなかなかどうして。

それでも不用品はメルカリなどで簡単に売れますし、本当にいい時代になりました。サクッとお小遣いができるのがいいですね。

さて、貸株収入に関してはお小遣いにも満たないかもしれませんが、侮ることなかれ今年の累計貸株収入は14541円になりました。単月では3000円にも満たない微々たる額ですが、塵も積もれば山となります。私は毎月2万円をウェルスナビで積立投資していますが、もう少しで貸株収入により1ヶ月分の積立資金が捻出されることになります。この資金のために労働は一切していません。貸した株が勝手に稼いでくれています。

▼ウェルスナビの記録はこちら(参考)

okuri-man.hatenablog.com

 


okuri-man.hatenablog.com

たかが3000円。されど3000円。物事は考えようですね。

 

【ウェルスナビ】祝!3年半の積立達成!運用成績レビュー

どうも、たっつんです!

ウェルスナビの運用状況を毎月記事にしています。今回は2022年4月末時点のウェルスナビ運用状況をまとめます。(ゴールデンウィークが楽し過ぎて更新が5月になったのは秘密

私は毎月2万円をウェルスナビで積み立て投資しています。現在の運用期間は3年6ヶ月目となりました。記事タイトルには「祝!」なんて書いたものの、別段めでたいわけではなく淡々と積み立てていたらこうなった…という感じです。

ウェルスナビ運用成績

早速、気になる運用成績を見ていきます。スクショドン!!

積み立て元本 106万円

運用実績 144万8千円

運用利益 38万8千円

ということで…儲かってます!!

f:id:tattsun5:20220130083358p:plain

4月は相場が乱高下する場面が多く、ツイッターを観察している限りでは含み損を抱えて損切りする人がチラホラ見受けられました。特に、投資を始めたばかりで運用額もまだ大きくない人にその傾向が多かったように感じます。

特にまだ値動きに慣れていない投資初心者にとって含み損は気持ちのいいものではないですし、損切りしたい気持ちはとてもわかります。

だけど、こと長期投資においては含み損が出ることを許容しながら長期的なリターンを得ることが目的です。ここで利益を確定してしまうと「金の成る木」のはずが「苗」の状態で成長を止めてしまうことになります。

長期投資において短期の上げ下げは気にする必要はなく、ただただ淡々と積み立てを続けることに注力していきたいと思います…。

資産ポートフォリオと直近の売買動向

直近では米国株と日欧株を購入しています。そういえば、かの偉大なる投資家ウォーレン・バフェット氏が積極的に原油株を買ったというニュースを見ました。私たちのような一般人とは比べようもないくらい高度かつ確度が高い分析を行っているでしょうから、今後も原油株は強い動きになるのでしょうね。

ただ、外国株はインデックス運用で…というのが私のスタイルなので、このままVTIなどの健闘を祈りたいと思います。原油関連の個別銘柄で言えばINPEX(1605)を保有していますので頑張って欲しいところ。

手数料

今年の手数料は以下の通りです。

今月は手数料が分配金を上回りました。

ウェルスナビ開始来では手数料を分配金の方が上回っていますが、今後もそれが続くとは限りらないでしょう。一応、3、6、9、12月が分配金多めの月(特に6、12月)となっていますが、自動的に配当は再投資に回りますのでさほど気にしていません。

手数料が高いと言われるロボアドサービスですが「手数料<分配金」というのは一つのファクトです。自分で買付やリバランスなどの資産運用ができる人は安い手数料でより効率的に資産を増加できるのでしょう。一方、手間をかけたくなかったり投資に時間や思考のリソースを割きたくない人は、ウェルスナビのようなサービスを利用するのも選択肢の一つだと思います。

私は今運用しているようなポートフォリオの構築を自分でやりたくないのでAIにお任せします。

 

さて、いよいよ米国は利上げが決定しました。株式にとって最もネガティブな要素が利上げだとも言われます。異次元の金融緩和という前人未到の環境です。相場がどう転ぶかはわかりようもないです。とにかく、淡々と機械的にコツコツ積立を続けていこうと思います。

▼先月のウェルスナビ記録

okuri-man.hatenablog.com

 

2022年4月の配当金受領状況

どうも、たっつんです!

2022年4月の配当収入は9086円でした!

これだけあれば焼肉行けますね!焼肉いいよ、焼肉!!

配当金は確定利益なのでその使い道は自由です。再投資に充てるもよし、日々の生活費を賄うもよし、プチ贅沢を満喫するもよし…やはりフリーキャッシュフローは最高です!

私のようなしがないサラリーマンにとっては、上がらない給料に期待するより株を買って配当を得た方が堅実にキャッシュフローを増やせます。斜陽産業に身を置いて働いていると本気でそう実感します…えぇ…。

とは言え、仕事がなさすぎるが故に毎日定時で帰れる環境というのは充実していたりもします。最近はお陰で趣味が充実し過ぎていますし、家族の時間もたっぷり取れてQOLは爆上がり中です。

お金はあればあるだけいいですが、無駄な残業をしてまでお金稼ぎはしたくないです。「お金<働きなくない気持ち」が圧勝。

そんなわけで、今後もコツコツ株を買ってプラスのキャッシュフローを潤沢にしていきます!

今月の優待コーナー

今月はホットランド(3196)の優待を使用して家族でたこ焼きを食べました。

お金を出して食べることはあまりないですが、優待券があるので喜んで美味しく食べます。優待券は期限があるので使わないともったいないですからね。

優待があれば懐が痛まずに外食を楽しめるのがメリットです。お金使わない、家族楽しい、妻喜ぶ!

今月の不労所得

貸株と配当金を合わせた4月の不労所得は11,889円となりました!

今年の累計不労所得は70,377円となりました!

okuri-man.hatenablog.com

自分が働くのはほどほどにして、お金に働いてもらいましょう。配当金は立派な不労所得です。

4月相場も終了

4月は軟調な相場となりました。最終営業日こそプラスで引けましたが、全体的に嫌なムードだったように思います。私のポートフォリオは年初来でほぼ変わらずですが、新興株に手を出したばかりに、グロース銘柄は大きく含み損となっています。

ひとまず損切りはせずに見守るつもりですが、しばらくは上がらないだろうなぁ…。