30代サラリーマンの高配当と優待株ブログ

配当は再投資、優待はご褒美!2020年9月から株式投資の記録をつけて、2032年に資産1億円を目指します。(多分)

【ウェルスナビ】3年8ヶ月積み立てていました。

どうも、たっつんです!

私は毎月2万円をウェルスナビでコツコツ積み立てているのですが、気付けばウェルスナビを始めて3年8ヶ月が過ぎました。ということで毎月末更新のウェルスナビ記事、今月も書いていきます〜!

ウェルスナビ運用成績

積み立て元本 110万円

運用実績 140万9千円

運用利益 30万9千円

ということで…儲かってます!!

f:id:tattsun5:20220130083358p:plain

儲かってるとは言え、評価額は先月比で-6千円となりました。2万円積み立てているはずなのにお金が減ってる…だと?

株式市場は相変わらず不安定で、先行きはひとまず暗い…という印象。経済はリセッションだー!利上げは株式には不利だー!など、専門家や有識者からは揃いも揃って悲観的な意見が目立ちます。

とは言え、私のような素人には相場の底も天井も分かりません。分からないからこそ、定期的に積み立てるのです。せっかく始めた積み立て投資です。相場が下がりそうだからと言ってやめるのは勿体ない気がします。

積み立て投資において一時的に評価額が減っているということは、つまりその月は安く資産を買えたということになります。評価額を膨らませるのは最終目標でいいのです。発展途上の今は、評価額以上に口数を増やすことが大事です。

長期投資においては含み損が出ることを許容しながら長期的なリターンを得ることが目的です。ここで損切りや或いは利益を確定してしまうと「金の成る木」のはずが「苗」の状態で成長を止めてしまうことになります。

資産ポートフォリオと直近の売買動向

直近では積立額の100%を株の購入に充てているようです。賢いAI的に今はリスク資産が買いだということなのでしょう。米国株と日欧株の口数が先月比で増えています。評価額の増加以上に、この口数の増加が大事ですね。

手数料

今年の手数料は以下の通りです。

今月は分配金が手数料を上回りました。

ウェルスナビ開始来では手数料を分配金の方が上回っていますが、今後もそれが続くとは限りらないでしょう。一応、3、6、9、12月が分配金多めの月(特に6、12月)となっていますが、自動的に配当は再投資に回りますのでさほど気にしていません。

ちなみに、6月は分配金が多めでしたが、分配金は自動的に株の買付に充てがわれておりました。楽だなぁ〜。

手数料が高いと言われるロボアドサービスですが「手数料<分配金」というのは一つのファクトです。自分で買付やリバランスなどの資産運用ができる人は安い手数料でより効率的に資産を増加できるのでしょう。一方、手間をかけたくなかったり投資に時間や思考のリソースを割きたくない人は、ウェルスナビのようなサービスを利用するのも選択肢の一つだと思います。

それにしても、今年は株式市場が軟調になる見方が強いですが、相場がパッとしないと手数料がより気になりますね。今のペースだと年間14000円程度の手数料になります。クレジットカードの年会費だったら絶対に作らないレベル。トータルでは分配金が上回るので片目をつぶって見ていますがもう少し安くなって欲しいですね。

終わりに

7月以降は夏枯れ相場と言われ、株式市場が低調になりやすいと言われています。

6月に支給されたボーナスや配当金はまだ投入しておらずプールしていますので、下がったら良さげな個別株を買いたいと思っています。

積み立ての方は焦らず動じず、今後もコツコツ淡々と機械的に積み立てを継続していきます。

こちらもチェック

okuri-man.hatenablog.com